• 2020年必修科 プログラミング教育で論理的思考・問題解決能力を伸ばす

    ソーシャルスクール プログラミングコース

  • キッズ・クリエイティブ・チャレンジ

    自ら考えChallengeすることで創造性や積極性を育むプログラミング教育

    創造する力を育むための教えないプログラミング教育

    プログラミング思考を学び論理的に考える力や問題解決能力を育みます。

    教えない教育とはどういうものでしょうか?

    子どもの想像力や探究心を育むためには、教えすぎないことが大切です。

    自らが考え、解決の方法を見つけることで、様々な能力が開花します。

     

    ソーシャルスクールのプログラミング教育は単に言語の習得を目指すのではなく、

    プログラミング思考を学ぶことで、考える力や発想する力を身につけ将来に渡って必要とされる技術を習得します。時にPCやタブレットを使わない(アンプラグド・コンピューティング)プログラミング教育などを取り入れ、わくわく楽しみながら学習します。

     

    2020年には小学校で必修化され、順次中学校でも取り入れられます。

    プログラミングは将来に向け必要な技術となってきました。

     

    ソーシャルスクールは平成28年度総務省が取り組む

    若年層に対するプログラミング教育普及推進事業」の採択事業者として小学生に対するプログラミング教育のあり方を実証してきました。常に最新の動向と情報と数々の経験を活かし、子どもたちへ最適な教育を提供しています。

     

     

     

    ラズベリーパイ

    小さいけれど高性能、カードサイズの小型PC。

    ソーシャルスクールではメインの機材にラズベリーパイを採用しています。

    教育用に開発されているので低価格で高性能。プログラミング教育には最適のデバイスです。

    インターネット環境がなくても使え持ち運びも容易なので、家庭学習にも最適です。

    GPIOと言われる入出力装置がついていることが特徴で、いろいろなものの制御ができるのが特徴です。この装置があるのでロボット制作や動くものを作ることができます。

    基本ソフトにリナックスを採用していますので、ネットワークやサーバー技術、本格的なプログラミング言語にも最適です。

    子どもの好奇心・探究心を伸ばします。

     

     

    スクラッチ

    MITが開発したビジュアルプログラミングツール。

    ScratchはMIT(マサチューセッツ工科大学)が開発運営している、ビジュアルプログラミング学習ツールです。プログラミングの考え方を学ぶには最適なツールです。

     

     

    教室設備

    3Dプロンターやレーザーカッターもあります。

    プログラミングの楽しさを知ったあとは、実際に動くものを作ってみましょう。

    培った想像力でものづくりの楽しさを感じてください。

  • プログラミングコース案内

    コースの流れ

    基本操作の習得→スクラッチでプログラミング→電子工作→OSの基本操作→他言語を使ったプログラミングと進みますが、生徒の関心や作りたいものに合わせて自分のペースで学習することができます。

     

    使用機材について

    このコースはラズベリーパイを使います。

    ラズベリーパイとはカードサイズのコンピューターでプログラミングから電子工作まで行うことができます。リナックスOSをインストールしていますので、他のPCと遜色なく使え、習熟度に合わせて高度なこともできる注目のPCです。

     

    ラズベリーパイは各教室に備え付けのものを利用できますが、初回にOSの入ったSDカードを購入していただきます。

    このカードは生徒専用のものになりますので大切に扱ってください。

    自宅で学習をするにはラズベリーパイを購入頂くか、機材をレンタルすることもできます。

    乙金教室

    毎週火曜日17:00から20:00の間で好きなだけ学習できます。

    イオン乙金ショッピングセンターコンテナエリア002

    定員8名

    受講料

    入会金 :10800円 

    月謝  :10800円

    SDカード:1620円 

    初回OSインストール済みSDカードを購入していただきす。

    開講日が祝日にあたる時はお休みとさせていただきます。

    振替はありませんのでご注意ください。

  • ソーシャルスクールについて

    NPO法人日本ソーシャルスクール協会

    ソーシャルスクールのプログラミング教育

    ソーシャルスクールは総務省が実施する『若年層に対するプログラミング教育推進』実証事業の事業者として採択されております。小中学校におけるプログラミング教育の効果的な実施手法や指導者の育成を福岡県柳川市と佐賀県武雄市において行なっております。

     

    総務省

    採択案件一覧

    ソーシャルスクールの活動

    ソーシャルスクールは子どもにはチャレンジを、若者には選択を、大人は応援を、企業には変革を( Challenge , Choice , Cheer , Change )の四つのCでChanceの場作りを行っていきます。

    詳しくはこちらをご覧ください。

    NPO法人日本ソーシャルスクール協会

  • お問い合わせ

    ご不明な点やご質問がありましたら、ぜひお気軽にご連絡ください。

    イオン乙金ショッピングセンター
    火曜日 17:00〜20:00
    土日曜日13:00〜20:00
    092-292-6742
  • Follow US

    ソーシャルスクールについてのお問合わせはこちらから